ブログ

【最新版】SEOに強いWordPressテーマ5選【ブログで稼ぐ】

2020年8月2日

読者

WordPress有料テーマを検討中だけど、ブログで稼ぐためにSEOに強いテーマがあるなら使いたい。

こんな疑問を解決する記事です。

ブログやアフィリエイトで収益化を目指す方なら、誰もが「SEOに強いテーマを選びたい」と思うでしょう。

私も例外なく、そう思っていたので「SEOに強いテーマ」という観点で調査し、本記事にまとめました。

そして、当ブログは以下のようにキーワード検索順位1位を獲得しまくっているので、ある程度信用してもらえれば幸いです。
※ちなみにAFFINGER5というテーマを使ってます

多数のキーワードで検索順位1位を獲得したデータ

この記事を読めば、数あるワードプレステーマの中から「SEOに強いテーマ5つ」がわかります。

さらに、5つのうちどれがみなさんに一番合うのかも判断することができるので、悩ましいテーマ選びもこの記事を読めば完結します。

早速ですが、本題に入っていきます。

SEOに強いテーマで検索上位を取れるサイト構造に

まず初めに私たちが理解しておくべきことは、SEOは様々な要素が絡み合い複合的な要因で決まるため、選択するテーマだけで検索上位が取れるということはありえないということです。

それを前提にして言えば、数あるテーマの中でもSEOで有利に働く機能を備えたものあるのも事実です。

例えば、以下のような要素です。

SEOに影響する要素の一例
  • タイトルタグ
  • メタディスクリプション
  • モバイルフレンドリー
  • 表示速度

このような要素へのSEO対策がテーマの中に組み込まれているものがあります。

そういったテーマはGoogle検索エンジンの巡回ロボット(クローラー)から高評価を受けやすいサイト構造になるため、SEO対策のないテーマを選ぶよりも検索上位を獲得しやすくなります。

SEO対策はコンテンツの質が最も重要ではないの?

読者のニーズを満たす良質なコンテンツを書くことはSEOにおいて最も重要であることが間違いない事実です。

しかし、いくら良質なコンテンツに仕上げてもSEO対策の基本構造ができていないサイトやブログは検索上位が取れない場合が多くなります。

そのため、SEOに強いテーマを導入して、みなさんが書いた良質なコンテンツが正当に評価される状態にしておきましょう。

SEOに強いWordPressテーマ5選

ここからSEOに強いWordPressテーマ5選をご紹介していきます。

ご紹介するテーマはどれもSEO内部対策やモバイル対応、表示速度の改善対策などが施されているため、SEOに強いテーマと言えます。

テーマによって、デザインのカスタマイズ性の違いや、操作の難易度などが異なるため、以下の一覧表にまとめました。

有料テーマ価格集客力デザイン操作性
AFFINGER514,800円
ザ・トール14,800円
STORK19 11,000円
スワロー 9,900円
賢威 24,800円

それぞれ1つずつご紹介していきます。

AFFINGER5(アフィンガー5)

項目内容
テーマ名AFFINGER5(アフィンガー 5)
▶︎AFFINGER5の公式ページはこちら
販売社名株式会社オンスピード
販売価格14,800円 (税込)
コンセプトデザイン簡単、SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備。
さらに美しく、パワフルに。「稼ぐ」に特化したテーマ

個人的な肌感ですが、検索上位の記事を分析していると、結構な確率でアフィンガーを使っている場合が多いです。

さらに、ブログ歴がまだ若いのに爆速で収益を伸ばしているブロガーさんの共通点がAFFINGER5を使っているということもあります。

アフィンガーの主な特徴
  • ブログやアフィリエイトで収益を上げる為の機能が豊富
  • SEOに強く「稼ぐこと」に特化している
  • 複数サイトで利用可能

一方で難点としては「デザインの幅が多すぎて迷う」「初心者には操作が少し難しい」という点です。

自分で調べながら扱えば問題ないですが、操作に慣れるまで少し時間を要します。

▶︎AFFINGER5を使ってみる

AFFINGER5を使ってみた感想・レビューを以下の記事にまとめています。

【最新版】WordPressテーマAFFINGER5を使った感想とレビュー
【最強テーマ】AFFINGER5(アフィンガー5)がSEOに強い6つの根拠

THE THOR(ザ・トール)

項目内容
テーマ名THE THOR(ザ・トール)
▶︎THE THORの公式ページはこちら
販売社名フィット株式会社
販売価格14,800円 (税別)
コンセプト「SEO・デザイン・機能」のすべてを備え
日本一を目指し進化し続けるテーマ

THE THOR(ザ・トール)は「SEO・デザイン・機能」の3拍子揃ったWordPressテーマです。

ザ・トールの主な特徴
  • SEOに強く、上位表示されやすい
  • おしゃれで美しいデザインのサイトが簡単に作れる
  • 国内テーマ屈指の高速表示を実現
  • 無料バージョンアップなど、アフターフォローが充実


ブログへのアクセス、広告収入を増やしたいけど「デザインにもこだわりたい」という方におすすめです。

▶︎ザ・トールを使ってみる

STORK19(ストーク19)

項目内容
テーマ名STORK19(ストーク19)
▶︎STORK19の公式ページはこちら
販売社名株式会社bridge
販売価格11,000円 (税込)
コンセプト洗練されたデザイン・究極のモバイルファースト
オールインワンテーマ

「究極のモバイルファースト」をセールスポイントとするテーマです。

パソコンよりもモバイルからネットにアクセスする人が多い現代では、モバイルユーザー向けの対応が重要になってきます。

STORK19の主な特徴
  • 簡単にお洒落なサイトが作れる
  • 操作が簡単なのでHTMLやCSSの知識不要
  • モバイルでも美しい表示を実現
  • 利用者数が多く困ったときの対処法の情報が多い

操作が簡単でデザインも綺麗に整うのでパソコンやITが苦手な初心者の方におすすめです。

▶︎STORK19を使ってみる

当ブログは立ち上げ当初STORK19を採用していたので、以下の記事でレビューをまとめています。

STORKはデザインが綺麗で使いやすさが抜群でした。

【最新版】WordPressテーマSTORK/ストークを使った感想とレビュー
STORK19(ストーク19)はSEOに強い4つの理由【検索上位とれます】

スワロー

項目内容
テーマ名SWALLOW(スワロー)
▶︎スワローの公式ページはこちら
販売社名株式会社bridge
販売価格9,900円 (税込)
コンセプト「必要なものとは何か」を考え尽くし
無駄な機能やデザインを削ぎ落とした洗練されたテーマ

有名なブロガー八木仁平監修のもと開発されたWordPressテーマです。

無駄な機能やデザインを削ぎ落とした洗練されたテーマになってます。

スワローの主な特徴
  • シンプルで万人受けするデザイン
  • 「なんかいい」と思わせるデザイン
  • 無駄な機能がない分、操作が簡単
  • 簡単にデザインが整うので記事を書く時間に集中できる

シンプルでクセのないデザインを好む方におすすめです。

操作も簡単で初心者でもすぐに使いこなすことができるので、パソコン操作に自信がない人でも安心です。

▶︎スワローを使ってみる

スワローは上でご紹介したストーク19と同じ会社が開発したテーマです。

ストークの廉価版がスワローで、若干値段が安くなっていますので、両者を比較レビューした記事もどうぞ。

ストーク19とスワローの違いを比較解説どっちがおすすめ?

賢威(ケンイ)

項目内容
テーマ名賢威(ケンイ)
▶︎賢威の公式ページはこちら
販売社名株式会社ウェブライダー
販売価格24,800円 (税別)
コンセプト徹底した内的SEOとコンテンツプランニングによる外的SEOでサイトを上位表示
「ウェブライダー式SEO」のノウハウをすべて詰め込んだテーマ

賢威はSEOコンサルタントとして有名な松尾氏が代表を務める「ウェブライダー」が開発している商品です。

SEOコンサルタントしての知見やノウハウがすべて詰め込まれており、おおくのユーザーから抜群の信頼を得ています。

賢威の主な特徴
  • 11年以上の歴史があり抜群の「実績」と「信頼」
  • 賢威フォーラムで8万件以上の情報が蓄積されている
  • SEOやWebマーケに精通した松尾氏が監修するテーマ

▶︎賢威をつかってみる

なぜトップブロガーは無料テーマを使わないのか?

有料テーマを使う最大のメリットはブログ開設から公開するまでの時間を大幅にカットできることにあります。

無料テーマではブログ設定やデザインのカスタマイズに時間がかかってしまい、場合によっては1週間以上も微調整に時間がかかり、記事を書くというメインの仕事が一向に進まないというのもしばしばです。

国内でも指折りのトップブロガーさん達は全員有料テーマを使用しており、無料テーマを使って成功した人という人をみたことがありません。

トップブロガーが無料テーマを使わない理由
  1. コーディングする手間がかかる
  2. SEO内部対策がされていないものが多い
  3. デザイン調整に時間がかかる
  4. WordPressのバージョンアップに対応しない場合がある
  5. カスタマイズの方法が不明でもネット上に情報が少ない

本気で収益化したいブロガーさん達にとって、無料テーマを使うことはデメリットだらけなのです。

何も考えず「無料」という言葉に飛びつくと、あとから払う代償が大きくなるかもしれません。

自分に合うテーマの選び方

本記事でご紹介したテーマ5選は、いずれもSEO内部対策が組みこまれており「SEOに強いテーマ」と言えます。

どれもSEOに強いなら、他にどんな部分を注視してテーマを選べばよいのでしょうか。

テーマ選びのポイントを解説します。

結論としては、以下の2点がポイントです。

テーマ選びのポイント
  1. 自分のパソコンスキルにあった操作しやすいテーマを選ぶ
  2. 自分の好みにあったデザインのテーマを選ぶ

自分のパソコンスキルにあった操作しやすいテーマを選ぶ

私自身の経験に基づく話ですが、一番最初はSTORK19を使っていましたが、パソコンがあまり得意ではない私でも、簡単に操作できて使いこなせるようになるまで、そんなに時間はかかりませんでした。

その後、AFFINGER5にテーマ変更したわけですが、ぶっちゃけ「操作が難しい」と感じました。

機能が多いため、操作性も若干複雑になり、慣れるまでに1週間ほどかかりましたね。

もし、初心者の頃の私がいきなりAFFINGERを使っていたら、ブログ開設途中で挫折していたかもしれません。

「パソコンの基礎もわからず苦手」という方は、初心者でも比較的扱いやすいテーマ(STORK19 スワロー )あたりを選ぶのがおすすめです。

自分の好みにあったデザインのテーマを選ぶ

ブログのデザインは収益化に大きな影響を与えないので、あまり重要ではない。

という声をよく聞きます。

確かに正しいのかもしれませんが「自分の好みにあうデザインを選ぶ」とブログを書くモチーベションにつながったりします。

ブログはコツコツと毎日少しずつ積み上げていく、ほんとうに地道な作業のくりかえしなので、途中で挫折しないためには「いかにしてモチベーションを維持するか」が結構大切だったりします。

私の場合は、自分好みの綺麗なデザインでブログがかけると、ブログを書くのが楽しく感じることがよくありました。

特に、デザインにこだわりが強い方は「自分の好みのデザインか?」を注視して選ぶと良いでしょう。

デザインのイメージは各テーマの公式ページにアクセスして「デモ」や「デザインサンプル」などで確認できますよ。

テーマだけでSEO順位は上がらない

冒頭にもお伝えした通り、SEOに強いテーマを導入したからと言ってあなたの記事が検索上位に表示されるという訳ではありません。

SEOにおいて最も重要なのは「コンテンツの質を高めること」です。

そして質の高いコンテンツを作るには「検索意図の理解」「実際の検索順位のチェック」が必要なります。

これらに関しては以下の参考記事をどうぞ。

【SEO対策】検索意図の重要性理解と調べ方をわかりやすく解説
ブログ検索順位の調べ方!まずは無料ツールでOK【SEO対策】

SEOに強いWordPressテーマ5選まとめ

SEOに強いテーマを5つご紹介しました。

デザインや操作性などを考慮しながら、皆さんにあうテーマを選んでみてください。

有料テーマ価格集客力デザイン操作性
AFFINGER514,800円
ザ・トール14,800円
STORK19 11,000円
スワロー 9,900円
賢威 24,800円

今使っているテーマから、新しいテーマに乗り換えを考えている方は「ブログのテーマ変更で検索順位が下がる原因と対策」を参考にしてテーマ変更をすればSEOに悪影響を与えることなく変更できます。

SEOに強いテーマで効率よく稼ぐブログ・アフィリエイトサイトを完成させましょう。

2択で迷っている方は以下の比較記事を参考にどうぞ。

-ブログ

© 2021 トニーブログ Powered by AFFINGER5