ワードプレスブログの作り方を誰がみてもわかるように画像で解説

✔️収益をあげるためのブログの作り方を知りたい
✔️ブログを始めるならワードプレスがいいらしいけどどうやって始めたらいい?
✔️ワードプレスブログを作ろうとしたけど挫折した

このような疑問を解決する記事を作りました。

初心者やパソコンに詳しくない方でも理解できるように作り方を画像付きで解説しますので、手順を真似するだけで簡単にワードプレスブログがを作ることができます。

ワードプレスブログが完成すれば収益化して稼ぐことも可能です。

早速、手順をみながら進めていきましょう。

ワードプレスブログの作り方の流れについて

6ステップで解説していきます。

ステップ1:サーバーの契約

最初のステップはサーバーの契約を申し込みます。

サーバーはいろいろありますがエックスサーバーを契約すれば間違いないです。

エックスサーバーをおすすめする根拠は

✔️国内シェアNo.1で利用者が圧倒的に多く、困ったときの対処法がネット上にたくさんある。
✔️困ったときの問い合わせ対応が早く、電話サポートもある。
✔️サーバーが安定しており速度が速い
✔️自動バックアップ付きで、もしもの時でも安心
✔️トップクラスのブロガー&アフィリエイターの多くが使用している。

初心者は困ったときの対処法をネットで調べれることがかなり重要です。

自分でどうしようもできない場合も問い合わせしたら、迅速に対応してくれたので心強いです。

エックスサーバーの申し込み手順

まずはエックスサーバーのページにアクセスします。

①メニューバーお申し込みにカーソルを持っていくと
②サーバー申し込みフォームというタブが出てくるのでクリック
③10日間無料お試し 新規お申込みをクリック

ここで、海外からアクセスした方は以下のようなエラー画面が出てくる場合があります。

URLをクリックすると問い合わせ画面に移るので、以下のような問合せ内容を記入しメッセージを送信してください。

お世話になります。
新規お申し込み時に以下のメッセージが表示され手続きを進めることができませんでした。

「大変申し訳ございませんが、お客様からのお申し込みを受け付けることができませんでした。
お手数ではございますが、このメッセージが表示された旨をサポートにお問い合わせくださいますでしょうか」

その後エックスサーバー の担当者からメールが入りますので、メールで必要事項を連絡することで申し込み契約を完了することができます。

特にエラー画面が出ない場合は以下のような申し込みフォーム画面に移行しますので、必要事項を記入していきます。

サーバーIDとプランの選択

①サーバーID(初期ドメイン)
サーバー管理画面のログインIDとして利用します。これから立ち上げるブログのURLとは関係ないので、深く考える必要はありません。

②プラン
個人のブログやサイトであればX10プランで十分です。もし足りなくなった場合は後で変更することも可能です。

あとは

  • メールアドレス・氏名・住所・電話番号を入力
  • 「利用規約」「個人情報に関する公表事項」に同意するにチェックを入れる
  • 「お申し込み内容の確認へ進む」をクリック

内容を確認して問題がなければ「SMS・電話認証」に進みます。

「SMS・電話認証へ進む」をクリックします

  • 認証に使う電話番号を入力する
  • 「テキストメッセージで取得 」or 「自動音声通話で取得」のどちらかを選ぶ
  • 「認証コードを取得する」をクリックする

その後

  • 「テキストメッセージで取得 」を選んだ場合
    →SMSで認証コードが届きます。
  • 「自動音声通話で取得」を選んだ場合
    →着信が入り自動音声で認証コードが読み上げられます。

入手した認証コードを以下の画面に入力します。

入力したら「認証して申し込みを完了する」をクリックしすると、以下のように申し込み完了の画面が出てきます。

登録したメールアドレス宛に以下のようなメールが送られてきます。

エックスサーバーの利用料金を支払う

無料お試し期間は10日間あるので、支払いをしなくても10日は使用できますが支払いを忘れてしまうリスクがあるので可能であればすぐに支払ってください。

私は「後で払えばいいや」と後回しにしたせいで、支払いを忘れてしまいサーバー契約が解除され、立ち上げたブログにアクセスができなくなるという苦い経験があります。

無料期間中に支払いしても無料期間終了後から課金されるので、すぐに払っても損はしないので安心してください。

エックスサーバーの支払い手順

まずはXserverアカウント(旧インフォパネル)にログインします。


上の画面に以下のIDとパスワードを入力してログインします。

  • 会員IDもしくはメールアドレス
  • Xserverアカウントパスワード(インフォパネルパスワード)

ログインのIDとパスワードは、サーバー申し込み時に送られてきたメール本文内に以下のように記載されています。

ログインしたら以下のように画面左側にある「料金のお支払い」をクリックします。

画面が切り替わったら、下にスクロールして「お支払い伝票の発行」の部分を入力します。

  1. チェックを入れる
  2. 更新期間を選択する
  3. 「お支払い方法を選択する」をクリックする

以下のように支払い方法選択画面に移ります。

下記4つの支払い方法があります
  • 銀行振り込み
  • クレジットカード
  • コンビニ払い
  • ペイジー

支払いが完了したら、エックスサーバーの契約は完了です。

ステップ2:ドメインの契約

次はドメインの契約を行います。

ドメインとは?

インターネット上の「住所」だと考えてください。
私の場合は「toyyy.com」という住所(ドメイン)を取得したので、ネット上の住所は「https://tonyyy.com/」となります。すなわち、ドメイン取得とはあなたのブログURLの「https://tonyyy.com/」この青いハイライト部分を決めることを意味します。

ドメインの取得は国内で利用者が最も多いお名前.comを使用する方法を解説します。

名前.comでドメインを取得・契約する手順

まずはお名前.comページにアクセスします。

❶希望のドメインを入力します。
❷検索ボタンをクリックします。
❶希望のドメイン末尾に✔️を入れます。

❷「料金確認に進む」をクリックします。

ドメイン末尾はどれがいい?

ドメインの末尾をみると「.com」「.jp」「.net」「.xyz」などいろいろあるのでどれを選べばいいのか迷うかもしれません。結論はどれを選んでも問題ありません。ドメインの末尾によってブログの検索順位が下がるなど、結果に影響が出ることはないので安心してください。特にこだわりがなければ最も安心感がある「.com」もしくは「.jp」を選ぶのが無難です。

補足説明

下画像のようにメールのマークが表示されている場合は「すでに他の人に使われているドメインなので今すぐに取得することはできない」という意味になります。下の画像例では「tonyyy.com」は既に使用されていて取得不可、それ以外の「tonyyy.inc」「tonyyy.jp」であれば取得可能ということです。

どうしても末尾「.com」で取得したい場合は「tonyyy」の部分を変更して、空きがあるドメインを検索し直してください。

「料金確認に進む」をクリックしたら下の画面に移行します。

❶登録年数を選択します。
→自動更新機能もあるので、とりあえず「1年」にしておけば良いでしょう。

❷申し込み不要なのでチェック(✔︎)は入れずにそのままでOK

❸初めて申し込む人は登録用に「メールアドレス」と「パスワード」を決めて入力する必要があります。入力したら「次へ」をクリックします。

次に会員情報の入力画面に移ります。

  • 種別
  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

    これらを入力したら「次へ進む」をクリックします

支払い方法の画面に移ります。

  1. クレジットカード情報を入力します
  2. 入力したら「申込む」をクリックします。

申し込みが完了すると10分程度で「ドメイン登録 完了通知」という題名を含むメールが複数件届きます。

支払い方法を「コンビニ払い」「銀行振り込み」にしている場合は、料金の支払いが完了するまでメールは届きません。もし、クレジットカード払いに設定したが1時間以上待ってもメールが届かないという場合は登録したメールアドレスに間違いがないか確認してください。

以上でドメイン取得は完了です。

ステップ3:ドメインをサーバーに設定

次はドメインをサーバーに設定します。

ドメインをサーバーと連動させるための設定だと思ってください。

ここでやることは下記2つです。

①お名前.comでサーバーの設定をする

②エックスサーバーでドメインを設定する

お名前.comでサーバーの設定をする手順

お名前.comで取得したドメインとエックスサーバー で契約したサーバーを連携させる設定をしていきます。

まずはお名前.comにログインします

下の画面で会員IDとパスワードを入力してログインします。
会員IDはドメイン契約時に送られてきた「ドメイン登録完了通知」というメールの中に記載されています。パスワードはドメイン契約時に設定したパスワードを入力します。

ログインすると以下のようなTOP画面が表示されます。

画面下の方にある「ドメイン一覧」をクリックすると、以下の画面に移ります。

「初期設定」をクリックします。

❶対象のドメインにチェックが入っていることを確認します。

❷「その他」のタブをクリックします。

❶「+」をクリックしてネームサーバー5まで表示させます。

❷以下の太字部分の通り入力します。(コビペで入力してもOK)
ネームサーバー1:ns1.xserver.jp
ネームサーバー2:ns2.xserver.jp
ネームサーバー3:ns3.xserver.jp
ネームサーバー4:ns4.xserver.jp
ネームサーバー5:ns5.xserver.jp

❸入力したら「確認」をクリックします。

内容確認の画面が出るので「OK」をクリックします。

下画像の通り「完了しました」の表示が出れば完了です。

設定が反映されるまで最大で72時間かかる場合があります。(私は数時間で反映された)
反映されるまでブログは表示されないのでしばらく待ってください。

エックスサーバーでドメインを設定する

次はサーバー側からもドメインを設定して連携させる設定をしていきます。

まずはサーバーパネルにログインします。

下の画面でサーバーIDサーバーパネルパスワードを入力してログインします。
IDとパスワードはサーバー契約時に送られてきた【Xserver】■重要■ サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]というメールの中に記載されています。

メール内には以下2つのID&パスワード情報が記載されています。

①『インフォパネル』ログイン情報
②『サーバーパネル』ログイン情報

今回使うのは『サーバーパネル』ログイン情報なのでお間違えのないように

ログインができたら下の画面の「ドメイン設定」をクリックします。

下の画面の「ドメイン設定の追加」タブをクリックします。

下の画面でドメインの設定を行います

❶お名前.comで取得したドメインを入力します。

❷2つともチェック(✔︎)を入れます。

❸「確認画面へ進む」をクリックする

下記画面で「追加する」をクリックします。

以上で設定は完了です。

上記画面に表示されたURLをクリックしてもアクセスできない場合がありますが、問題ありません。数時間まてば正式に完了しますので放置しておいて大丈夫です。

ステップ4::独自SSLの設定

SSL(Secure Sockets Layer)とは

インターネット上の通信を暗号化する技術です。インターネット上のデータ通信は、第三者に漏洩・改ざんされる危険性があります。 SSLを導入することで、訪問者のブラウザとサーバー間のデータ通信が暗号化されるためセキュリティが強され、訪問者が安心してアクセスできるホームページになります。

独自SSL設定をする手順

まずはサーバーパネルにログインします。

「SSL設定」をクリックします。

以下の画面で

①「独自SSL設定追加」タブをクリックする。

②SSL設定するドメインを選ぶ

③「確認画面へ進む」をクリックする

下の画面で「追加する」をクリックする。

これで設定は完了です。

ステップ5:ワードプレスをインストール

ワードプレスをサーバーにインストールする手順

まずはサーバーパネルにログインします。

「WordPress簡単インストール」をクリックします。

以下の画面で

①「WordPressインストール」タブをクリックする。

②サイトURLは触る必要はなくそのままでOK

③ブログタイトルが決まっているなら入力する(後から変更可能)

④ワードプレスのログイン時に使用するユーザー名を設定する。

⑤同じくワードプレスのログイン時に使用するパスワードを設定する。

⑥メールアドレスを入力する。

⑦キャッシュ自動削除「ON」を選択する

⑧データベースは「自動でデータベースを生成する」を選択する

⑨「確認画面に進む」をクリックする。

下の画面で内容に問題なければ「インストールする」をクリックする。

インストールが完了すると以下の画面が表示されます。

ログイン時に必要な情報なのでメモして忘れないようにしてください。

これでワードプレスのインストールは完了です。

ステップ6:必ずやるべき設定

ワードプレス管理画面にログインする

赤枠で示した「管理画面URL」をクリックします。

ユーザー名とパスワードを入力してログインします。

ここで、海外からアクセスした方は以下のような画面が出てくる場合があります。

以下の通り対処して下さい。

 

サーバーパネルにログインし「WordPress セキュリティー設定」をクリックする。

  1. 下記画面のように全て「OFF」を選択します。
  2. 「設定する」をクリックします。

これでアクセスが可能になりました。

URLを「http://」から「https://」に変更する

SSLの設定をしていない場合は行わないでください。

ワードプレス管理画面で下画像のように「設定」→「一般」をクリックします。

一般設定では

  1. キャッチフレーズは空欄のままでOK
  2. WordPressアドレス(URL)の「http://」に「s」を付け足して「https://」にする。
  3. サイトアドレス(URL)の「http://」に「s」を付け足して「https://」にする。

「http://」から「https://」にリダイレクト設定

これまでの設定によって「https://」から始まるURLが正しく「http://」から始まるURLは間違いということになります。

しかし、ブログの読者やアクセスする人は間違えて「http://」から始まるURLで検索したり、間違えたURL「http://」でリンクを貼ったりする場合があります。

そんなときに「http://」と入力されても、正しい「https://」に飛ばすようにする設定を行います。

この設定をすれば以下のように「http://」と「https://」どちらでも正しくサイトにアクセスできるようになります。

では、設定を進めていきます。

まずはサーバーパネルにログインします。

ログインしたら「htaccess編集」をクリックします。

下の画面で「.htaccess編集」のタブをクリックします。

※新しいワードプレスの場合は上の画像と文字列が異なる場合がありますが、違っていても問題ありません。

❶文字列の一番先頭に以下の文字列をコピペして入力します。

<IfModule mod_rewrite.c> 
RewriteCond %{HTTPS} off 
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L] </IfModule>

このような感じになります。

❷「確認画面へ進む」をクリックします。

「実行する」をクリックすれば リダイレクト設定が完了です。

パーマリンクの設定

パーマリンクはブログ記事のURLのことを意味します。

このURLを後から変更するとSEOの観点から検索順位に悪影響が出てしまうので必ずはじめに設定しておく必要があります。

ダッシュボードから「設定」→「パーマリンク設定」をクリックします。

下の外面で

  1. 「カスタム構造」にチェックを入れます。
  2. 「「/%postname%」と入力します。
  3. 「変更を保存」をクリックします。

以上で、パーマリンクが設定は完了です。

以上で、最低限必要な設定は完了です。

アフィリエイトブログで稼ぎたいという方は以下のASP登録まで完了させましょう。

アフィリエイトで収益化するための準備

ASPに登録する

ASPとは企業のサービスや商品の広告を取り扱う業者で、あなたがASPに登録すればあなたのブログ上で企業のサービスや商品を紹介することができます。

ブログで紹介したサービスや商品が売れるとあなたに紹介料として報酬が支払われる仕組みになっています。

ブログでアフィリエイト収入を得るためにはASPへの登録は必須です。

ASPと言ってもいろいろな会社があります。中には登録するために審査が必要なところもありブログを作ったばかりの初心者は審査に通らないことがほとんどです。

そこで、初心者が最初に登録しておくべきASPは最大手のA8.netです。

登録は無料で、初心者でも即時で審査に通ることができますので、A8.netの公式ページから登録を行ってください。


記事が良いと思ったらシェアお願いします!