ブログ

【無料ブログのデメリット】今から始めるならWordPressがおすすめ

読者

無料ブログサービスでブログを始めようと思っていますが、デメリットは何かありますか?

こういった疑問を解決する記事です。

新たにブログを始めようと思っている方が悩むのが、どうやってブログ立ち上げるか?

できるだけお金がかからないほうがいいので、

はてなブログ、ライブドアブログ、アメーバブログなどの無料ブログサービスを使って始める方も多いでしょう。

無料ブログは名の通り、無料でブログを始めることができますが、デメリットも多いので、始める前にしっかり考えてから決めていきたいところです。

今回は、無料ブログを使う前に知っておきたいメリット・デメリットについて解説していきます。

無料ブログサービスとは?

無料ブログとは

無料で自分のブログが作れるサービスです。

有名どころで言えば、はてなブログ、アメーバブログ、ライブドアブログなどが該当します。

自分でブログを立ち上げる場合、

サーバーやドメインを契約して自分でサイトを作り上げる必要がありますが、無料ブログなら会員登録をするだけで簡単にブログが開設できます。

無料でブログが作れるというのが最大のメリットと言える反面、いろいろな制約があるので無料ブログを始める前に確認しておくべきです。

その内容を具体的にみていきます。

無料ブログサービスを使うメリット・デメリット

無料ブログのメリット・デメリットは以下の通りです。

  1. メリット 無料で始められる
  2. メリット 今すぐブログを始められる
  3. メリット 立ち上げたすぐでもアクセスが集まりやすい
  1. デメリット 倒産・サービス終了のリスクがある
  2. デメリット ブログ内の至る所に運営会社の広告が表示される
  3. デメリット SEOに弱い
  4. デメリット 収益化が制限される

それぞれ詳しく解説していきます。

メリット① 無料で始められる

無料というのが最大のメリットです。

自分でブログを作る場合、レンタルサーバーやドメインの契約に最低でも年間1万円のコストがかかります。

メリット② 今すぐブログを始められる

無料ブログは会員登録をするだけで、すぐに自分のブログが作れます。

複雑な設定やデザインの調整などが不要なので、登録を済ませればすぐにブログ記事を書き始めることができるのです。

メリット③ 立ち上げたすぐでもアクセスが集まりやすい

無料ブログのほとんどは、同じブログサービスを使っているユーザーコミュニティー内で、交流ができる仕組みがあります。

いいね機能やフォロー機能などSNSと似たような仕組みがあるので、

コミュニティー内で自分の記事を拡散させやすく、ブログを立ち上げたすぐの方でもアクセスが集まりやすいのが特徴です。

デメリット① 倒産・サービス終了のリスクがある

無料ブログは運営会社によって管理運営されているので、運営会社が用意したプラットホームの中に自分のブログを設ける構図になります。

そのため、仮に運営会社が倒産したり、サービスを終了すれば、それまで作り上げてきた自分のブログが消えてしまうリスクがあります。

また、利用規約違反をした場合にも、ブログが勝手に削除されたり、アカウント停止となるリスクもあるため、運営会社に依存したブログ運営となってしまいます。

デメリット② ブログ内の至る所に運営会社の広告が表示される

無料ブログでは自分が書いた記事の途中や文末など、至る所に広告やニュース記事などの表示がされます。

広告が多いと読者にとって目障りになることも多く毛嫌いされてしまう可能性もなきにしもあらず。

しかも、これらの広告がクリックされても、あなたには1円も入ってこず、すべて運営会社の収益となります。

デメリット③ SEOに弱い

実際にGoogelで検索をしてみるとわかりますが、

無料ブログで作ったブログ記事が検索エンジンで上位表示されているケースはそんなに多くないです。

後ほど詳しく解説しますが、WordPressというサイト作成ツールを使ったブログやサイトがSEOに強く、上位表示されているのが多くみられます。

もちろん無料ブログではSEOで上位が取れないというわけではありませんが、ブログ記事の内部構造的にWordPressがSEOで有利に働いていると思われます。

デメリット④ 収益化が制限される

もしブログを収益化して、広告収入やアフィエイト収入を得たいと思っているなら、無料ブログは使わない方がいいです。

ほとんどの無料ブログでは、広告収入が得られるGoogleアドセンスの広告を貼ることができません。

アフィリエイトに関しては、OKのところが多いですが、制限が設けられていることが多いので、自分の売りたい商品が扱えなかったりと、とにかく収益化においての制約がキツイです。

結論:収益化を目指す方は無料ブログはNG

これまでも解説からなんとなくお気づきかと思いますが、

副業や仕事としてブログを収益化したいと考えているなら、無料ブログはおすすめできません。

収益化したいならWordPressというプラットホームを使ってブログを立ち上げるのがおすすめです。

ブログやアフィリエイトで稼いる人のほとんどがWordPressを使っているのが現状です。

せっかく本気で取り組むなら、努力が結果に結びつきやすい場所でブログを運営をしたいですよね。

 WordPress(ワードプレス)ブログとは?

WordPressとはブログやホームページを作るためのツールで、世界をみても最も人気が高く多くの個人や企業に利用されています。

従来はブログやサイトを立ち上げる場合、コードを書いて組み立てていく必要があり、プログラミングの知識が必要でした。

WordPressならプログラミングがわからない方でも、パソコンのメモ帳に文章を書いたり画像を挿入したりする感覚で簡単に操作ができます。

WordPressのシステム自体は無料で使用できますが、サーバーやドメインを自分で準備する必要があります。

今はサーバー とドメインの設定をやってくれるサービスがあるので、パソコンが苦手な方でも10分程度で簡単に準備ができます。

ちなみに、サーバーとドメインは年間で1~1.5万円程度の費用がかかります。

 WordPressブログのメリット・デメリット

wordpress

WordPressのメリット・デメリットは以下が挙げられます。

  1. メリット  SEOに強い
  2. メリット デザインの自由度が高い
  3. メリット 収益化の制限がなく稼ぎやすい
  4. メリット Webサイト作成スキルが身につく

  1. デメリット お金がかかる(年間1~1.5万円程度)
  2. デメリット 立ち上げ初期はアクセスが増えにくい

それぞれ詳しく解説します。

メリット① SEOに強い

ブログで成果を出すためにはSEO対策は徹底したいところです。

SEO対策の中でも特に重要だと言われている設定がWordPressには標準装備されています。

さらにワードプレスでは「テーマ」と呼ばれるデザインテンプレートが多数あり、SEO対策に重点を置いた物もあります。

そういったテーマを導入することで、さらなるSEO対策の強化が期待できます。

メリット② デザインの自由度が高い

無料ブログは決まったテンプレートからデザインを選ぶ形になるため、デザインで独自性を出すことができません。

一方で、ワードプレスならデザインやレイアウトを自由自在に変更できます。

デザイン性が高いことのメリットは、読者にとって読みやすいデザインにすることで、利便性の向上に繋がり、SEOでも有利に働く点です。

また、他のブログ違うあなた独自のデザインで差別化することも可能になります。

メリット③ 収益化の制限がなく稼ぎやすい

ワードプレスならGoogelアドセンスの広告やアフィリエイトリンクも自由に貼ることができるので、

収益化においての戦略的にブログを運営できます。

ブログの収益化を目的にしている方は、無料ブログではなくワードプレス一択。

メリット④ Webサイト作成スキルが身につく

WordPressは世界中で利用されトップクラスのシェアを誇るサイト作成・管理システムです。

そのため、日本でもほとんどの個人や企業でWordPressを使ったWebサイトが主流になっています。

自分でWordPressを使ってブログを運営することで、WordPressの使い方やWebサイトの作り方が自然に身につくためWebサイト作成のスキルが身につきます。

これは仕事として使えるスキルになるため価値があります。

デメリット① お金がかかる(年間1~1.5万円程度)

ワードプレス自体は無料で使えますが、ブログを立ち上げるためにはレンタルサーバーの契約とドメインの購入が必要になります。

とは言え、年間でかかるコストは1~2万円程度なので、そこまでリスクのある金額ではないでしょう。

WordPressブログでかかる費用の詳細を知りたい方は以下の記事をどうぞ。

▶︎WordPressブログでかかる費用はいくら?【年間費用総まとめ】

デメリット②立ち上げ初期はアクセスが増えにくい

ワードプレスでブログを立ち上げた場合、新しいサイトURLでネット上に公開されていくため、それらが読者に認知されるまでに時間がかかります。

SEO対策を施して、結果が検索エンジンに反映されるまで少なくとも1ヶ月、長い場合は6ヶ月ほどかかるからです。

そのためブログ立ち上げ初期では、SNSなどで自分で拡散しない限りは、アクセスが全くない状態が続くことを予め知っておきましょう。

WordPressでアクセスを増やす方法は以下の記事に詳しく解説しています。

▶︎【入門】ブログのGoogle検索順位を上げるための6つのチェックリスト!

ワードプレスブログ を始めるには?

ここまで読んでいただき、ワードプレスでブログを始めた方が良さそうだと思った方のために、始め方の手順を解説します。

エックスサーバーの申し込みをする

まずは以下リンクからエックスサーバーの公式サイトににアクセスします。

▶︎エックスサーバー
※クリックするとエックスサーバー の公式サイトに飛びます。

エックスサーバーのトップページ

「お申し込みはこちら」をクリックして、案内に沿って手続きを進めていきます。

10日間無料お試しをクリック

契約内容の入力画面に移りますので、以下スクショのとおり進めていきます。

契約情報の入力

プランは「X10」「X20」「X30」と3つの選択肢がありますが、個人のブログやサイトであれば一番値段の安い「X10」のプランを選べばOKです。

※プランは後で変更することも可能です。

契約期間は長ければ長いほど、料金が割安になります。

ドメインを選択する

ドメインの入力

お好きなドメイン名を入力します。

ドメインとは?

インターネット上の「住所」だと考えてください。
当ブログの場合は「toyyy.com」という住所(ドメイン)を取得したので、ネット上の住所は「https://tonyyy.com/」となります。すなわち、ドメイン取得とはあなたのブログURLの「https://tonyyy.com/」この青文字の部分を決めることを意味します。

ドメイン末尾はどれがいい?

ドメインの末尾をみると「.com」「.jp」「.net」「.xyz」などいろいろあるのでどれを選べばいいのか迷うかもしれません。結論はどれを選んでも問題ありません。ドメインの末尾によってブログの検索順位が下がるなど、結果に影響が出ることはないので安心してください。特にこだわりがなければ最も安心感がある「.com」もしくは「.jp」を選ぶのが無難です。

WordPress情報を入力する

ワードプレス情報を入力する

入力内容

  1. ブログ名:お好みのブログ名を入力
  2. ユーザー名:ログイン時に使用するユーザー名
  3. パスワード:ログイン用パスワード
  4. メールアドレス:普段使っているメアドを入力

※ブログ名はいつでも変更できますので、適当に仮の名前を入れておけばOK

ユーザー名とパスワードはログイン時に必要なのでメモしておきましょう

登録情報を入力する

登録情報の入力

上図のとおり赤枠の部分を全て入力していきます。

入力完了したら「次へ進む」をクリックします。

登録内容を確認します

登録内容の確認

入力した情報に間違いがなければ「SMS・電話認証へ進む」をクリックして次に進みます。

認証を行う

上図のとおり電話番号を入力して「認証コードを取得する」をクリックします。

受信した認証コードを入力して認証されれば、完了となります。

設定完了のメール通知を受信する

申し込み後に届くメールのタイトル

【xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせというタイトルのメールが届きます。

メールにはWordPressログインURLなどが記載されています。

これでブログの立ち上げが完了です。お疲れ様です!

ワードプレス立ち上げ後の初期設定などは、以下の記事で詳しく解説していますので、どうぞ。

WordPressブログ始め方

【超簡単】WordPressブログ・アフィリエイトの始め方【クイックスタート】

続きを見る

まとめ:無料ブログのデメリット

今回は無料ブログを検討している方に向けて、事前に知っておくべきデメリットにいてご紹介しました。

副業としてブログに取り組みたい、収益化して稼ぎたいという方は、ワードプレスブログ を使うのがおすすめです。

趣味や自分用の日記としてブログを始める方は、お金と手間をかけずに始められる無料ブログでも問題ないと思われます。

目的に応じて無料ブログとワードプレスを使い分けるようにしましょう。

こちらもCHECK

アフィリエイトで月5万稼ぐ方法【手順まるわかり】

続きを見る

-ブログ

© 2021 トニーブログ Powered by AFFINGER5