ダイエット

運動せずに痩せる方法を試してみた【EMSスーツ Active】

読者

ダイエットしたいけど、運動が苦手、しんどいし継続できません。

運動をせずにダイエットする方法ってないでしょうか?

このようなお悩みを解決する記事です。

記事を書いた人
トニー(@MuscleCEO)

■筆者の経歴■

▶︎パーソナルトレーニングジム「VEHO Fitness」のトレーナー

▶︎フィットネスの本場アメリカでトレーニングや生理学・栄養学などの専門知識を学ぶ

▶︎ダイエット専門トレーナーとして多数の指導実績がある

ダイエットしたいけど、運動が嫌い、したくない、継続できないなどのお悩みを抱えた方が多いです。

そこで、運動をせずにダイエットできる方法はないかと考えた結果、

あるものを使えばうまくいのではないかとの結論に至り、

実際にトレーナーである私が身を持って体験して、その効果を検証・考察してみました。

これまでになかったダイエットのやり方を知ることができるかもしれないので、最後まで目を通してみてください。

ダイエットでこんなお悩みありませんか?

私たちは、運営しているパーソナルジムで多くのクライアントさんのダイエットのコーチングを行ってきましたが、

特に運動に関して以下のような悩みを抱えている方が多いです。

ダイエットでよくある悩み

☑︎運動が嫌い

☑︎運動がつらくて続かない

☑︎運動しているけど痩せない

☑︎面倒臭くて運動を継続することができない

☑︎筋トレの効果が感じられない

おそらく、みなさんにも当てはまることがあったのではないでしょうか?

しかし、ご安心ください。

なぜなら、今回はこれら運動に関するお悩みを解決するために書いている記事だからです。

そもそもダイエットで運動が必要な理由は?

正しいダイエットの基本は

食事管理×運動が重要となります。

実を言うと、運動をしなくても痩せることはできます。

読者

ダイエットでは運動が重要なのに、運動しなくても痩せるってどういうこと?

じゃぁ、結局運動しなくてもいいってことでしょ?

一般的にダイエットといえば、ただ単に体重が落ちればいいと考えられています。

しかし、我々の考える正しいダイエットとは

「痩せやすく太りにくい体質づくり」

「痩せたあとリバウンドしないダイエット」

これが本当の意味でのダイエットではないでしょうか?

体重が落ちたとしてもすぐにリバウンドしては、意味がないですよね。

このような正しいダイエットを行うには運動が不可欠となりますが、その理由を少しお話していきます。

運動が必要である理由は、大きく2つあります。

  1. 消費カロリーを増やすため
  2. 筋肉を維持向上させるため

それぞれ詳しく解説します。

運動で消費カロリーを増やす

前提知識として以下を知っておくとよいです。

人間が痩せるための基本原理は、下図の通りとなります。

つまり、食べたカロリーよりも消費するカロリーが高い状態を作ることが絶対条件なのです。

この条件を満たすためには、

  1. 食事を制限して摂取カロリーを減らす
  2. 運動をして消費カロリーを増やす

この2つしかありません。

筋肉を維持向上させる

ダイエットにおいて筋肉を維持向上させることが最も重要であると考えます。

なぜなら、筋肉は存在しているだけで、それを維持するために多くの消費カロリーが発生するからです。

このように筋肉があるだけで勝手に多くのカロリー消費が発生するわけなのです。

ちなみに、体脂肪1kg あたり1日で4kcalを消費するのに対して、筋肉1kgは50kcalを消費すると言われています。

1日50kcalの消費を1年間で考えると、これは体脂肪が2.5kgほど燃やせるだけのカロリー消費に相当します。

そのため、筋肉を維持向上させつつダイエットできれば基礎代謝が高まるため、

「太りにくく痩せやすい体質」

「リバウンド防止」

につながるわけなのです。

そして、まさに筋肉を維持しながらダイエットするために必要なのが運動であり、特に筋力トレーニングが効果的と言えます。

運動で筋力を維持向上させることが重要である証として、

大手パーソナルジム〇〇ザップでも筋力トレーニングが採用されていますし、

我々がおこなうダイエット指導でも筋力トレーニングを織り交ぜたコーチングで多くの方がダイエットに成功されています。

運動をしなくて済む方法を実際に体験してみました

さて、筋肉を維持向上させつつダイエットをおこなうことが重要であることは、なんとなくご理解いただけたと思います。

本記事の本題に戻すと「運動をせずにダイエットを行う方法」ですね。

それを考えてみました。

運動をしなくても筋力トレーニングをおこなった場合と同等の効果を得られる方法がEMSだと考えました。

EMSとは、特殊な電気刺激を与えることで筋肉の収縮と弛緩を繰り返し運動させることです。

通常、筋肉の収縮は脳からの信号によって行われますが、これを電気刺激によって強制的に筋肉を運動させることができます。

今回使ってみたのは全身の筋肉に刺激を与えられる「EMSスーツActive」です。

実際にEMSスーツActiveを使ってみた感想

感想を箇条書きでまとめてみます

  • 想像よりも軽くて動きやすい
  • 装着しているだけで筋肉の収縮と弛緩が繰り返される
  • 電流量を調整すれば痛みは特に感じない

実際に筋肉を触ってみると、収縮して硬くなっているのが確認できました。

これは筋力トレーニングをおこなうときに起こる刺激と近いものがあると言えます。

さらに言えば、EMSがしっかり筋肉に刺激を与えていることを感じれたのは、その翌日でした。

なぜなら、若干の筋肉痛が起こったからです。

筋肉痛がおこるということは、筋肉に十分な刺激が与えられたということが言えます。

実際に体験してみてわかったのは、

EMSスーツなら着ているだけでも、筋肉に刺激を与えられるため、筋トレの代替法として活用できるのではないかということです。

EMSスーツActiveを使ったダイエットのやり方

EMSスーツが筋トレの代替法として、一定の効果があることが体験できたので、

これを使ったダイエットメニューを考えてみたいと思います。

やることは主に2つだけ

  1. 日々の食事管理
  2. EMSスーツを30分装着×週3回

日々の食事管理について

ダイエットにおいては食事管理もとても重要です。

特にEMSスーツによって筋肉に刺激を入れた後は、そのダメージ修復のために新しい筋肉が体内で合成されて回復していきます。

そのときに大切な栄養素がタンパク質です。

ご存知の通りタンパク質は筋肉の材料となる栄養素なので、普段の食事を高タンパクなものにすることで、

ダイエット中の筋肉の減少を防ぎつつ、EMSスーツによって受けたダメージの回復効果も高めることができます。

高タンパクな食事を意識しつつ、カロリー量も気にしなければいけないので、詳しい解説は本記事では割愛しますが、

気になる方は以下の記事で、効果的な食事方法を解説しております。

関連記事
【黄金比率】ダイエットにベストなPFCバランスの割合とは?

EMSスーツを30分装着×週3回

筋力トレーニングのポイントは、筋肉の破壊と修復を繰り返すことにあります。

そのため、忘れがちですがしっかりと筋肉を休ませて回復させる時間を与えてあげることも重要なのです。

最適な頻度として、1回30分程度の装着を週3回程度おこなうと良いです。

ただし、連続で3日間おこなうのではなく、

一度使用したら2日間の休養日を入れてください。

具体的には以下のようなサイクルで回すとよいですね。

月 30分 EMS装着
火 休み
水 休み
木 30分 EMS装着
金 休み
土 休み
日 30分 EMS装着
月 休み
火 休み
水 30分 EMS装着

筋力トレーニングの効果をより高めるには

家事をしながら、テレビを見ながらEMSを装着を装着するだけでも、筋肉への刺激は与えられるものと考えますが、

さらに効果を高めるためには、自宅でできる軽い筋トレ(腕立て、腹筋、スクワットなど)をEMSを装着しながら行うことです。

装着せずに行う場合よりも、装着した方が電気刺激がプラスαで加わるため、

より高いトレーニング効果が期待できるものと考えられます。

また、装着してトレーニングを行えば、通常よりも短い時間で効果が得られるため、

普段よりも少ない筋トレーボリュームでもOKですね。

数分の簡単な筋トレでOK、トレーニング時間の時短にもなり、運動がおっくうに感じてしまう方には強い味方になるでしょう。

まとめ:運動せずに痩せる方法を試してみた【EMSスーツ Active】

今回は、運動嫌いな方が運動をせずにダイエットできる方法について、筆者自らが体験して使えると思ったEMSスーツダイエットをご紹介しました。

解説したように、リバウンドを防ぎつつ、代謝の高い体をい維持するためには、筋トレによる運動をすることが必須となってきます。

運動がどうしても嫌いだけど正しくダイエットしたい、という方はEMSスーツを活用した方法を試してみてはいかがでしょうか?

気になる方は、以下に問い合わせ先を貼っておきます。

▶︎EMSスーツActiveフェイスブッフページ

▶︎EMSスーツActive公式サイト

-ダイエット

© 2021 トニーブログ Powered by AFFINGER5