就職・転職 人生向上

就職したくない大学生が就職せずに生きる方法【両親も納得】

読者

社会人になることに対して良いイメージが無く、特にやりたい仕事も無いので就職したくないと思っています。

でも、大学にいったら就職するのが当たり前になってるし、両親や周囲も自分が就職をするものだと思っているので、ちょっとプレッシャーです。

就職せずに生きていく方法ってないでしょうか?

こんな悩みを解決する記事です。

この記事を書いた人
プロフィール画像
トニー(@MuscleCEO)

▶︎9年間サラリーマンとして働いた後に脱サラしゲストハウス「Tony House」を開業

▶︎その後パーソナルジム「VEHO Fitness」やヨガ教室「Mindful-Yoga」を立ち上げ事業を拡大

▶︎現在は全ての事業を売却し、フリーランスとして活動中

本記事では、就職したくない大学生が就職以外の道で生きていく方法について解説します。

私自身は就職のしてサラリーマンから始まり、独立、経営、フリーランス、など幅広い働き方を経験し、その中で多くの「就職せずに生きる方法」を目の当たりにしてきましたので、ある程度詳しいです。

ただし「就職する」「就職しない」どちらを選んでも、それぞれメリット・デメリットがあるので、その辺りも理解した上で、みなさんが納得できる道を選んでいただければいいと思います。

それでは、早速本題に入っていきます。

まずは就職したくない理由を明確にしよう

就職したくないと思う理由は様々だと思います。

なぜ就職したくないと思うのか、その理由を明確にすると、その先の道で「こんなはずじゃなかった...」失敗せずにすみます。

就職したくないと思うよくある理由
  1. 周りの大人が楽しそうにみえない
  2. 会社という組織で働くことが自分に合わないと感じる
  3. やりたい仕事がない
  4. 起業・独立などもっと夢がある大きなことがしたい

周りの大人が楽しそうにみえない

自分の父親をはじめとした会社員として働く大人たちが、楽しそうにみえないという理由です。

特に通勤時間の電車内で見かけるサラリーマン達は無表情で死んだ目をしていると表現されることがあります。

就職した先にワクワクする未来が待っていれば、やる気にもなりますが、こんな大人の世界をみると就職する気が失せるのも無理はないかもしれません。

会社という組織で働くことが自分に合わないと感じる

これは私が脱サラをした理由でもあります。

会社組織は上からの指示には絶対服従を求められます。たとえ理不尽なことがあっても、それが会社の指示なら従うしかないのです。

また、上下関係があったり、顧客を神様と崇めるような日本社会の人間関係は精神的に消耗することが多いです。

会社で働くということは”ビジネスマナー”と呼ばれるガチガチに固められた社会のルールや秩序を守る必要があるということなのです。

やりたい仕事がない

「やりたい仕事がない」という学生さんはとても多いのではないでしょうか。

やりたいことが無いと、どんな仕事やどんな会社を選べば良いかも決めれないので、就職する意欲も削がれてしまいます。

「生きるためにお金を稼がなければいけない」という現実と「やりたくもない仕事を選ばなければいけない」という現実が相反し悩みの種となってしまいます。

起業・独立などもっと夢がある大きなことがしたい

「起業したい・夢のあることに挑戦したい」という意思があるだけ素晴らしいですね。

そんな夢を持ちながら就職してサラリーマンを続けても、やらなかった後悔しか残らないと思うので、やりたい思いを実現すべきです。

しかし、就職せずにいきなり起業しても、資金もノウハウも無い状態で生活を成り立たせるのは難しいかもせれません。

そんな場合は、とりあえず就職してしまい生活費を稼ぎながら「週末起業」という形で事業をスタートさせるのがおすすめです。

就職したくない大学生が就職せずに生きる方法

就職せずに生きていく方法としては大きく3つに分けられます。

  1. フリーター
  2. 自営業・フリーランス
  3. 起業

それぞれ詳しくみていきましょう。

フリーター

ご存知の通り、就職せずにアルバイトやパートで生計を立てる方法ですね。

フリーターを一生続ける場合、生涯年収は6,000万円〜9,000万円と言われており、正社員で働いた場合の2億円〜3億円と比べて3分の1程度となります。

これで暮らして行くのはかなり厳しい生活になるため、フリーターをずっと続けるのは得策ではないと思います。

自営業・フリーランス

自分でお店を始めたり、個人のスキルを使って仕事や報酬を獲得したりする方法です。

フリーターとは違って、自分で売り上げを作って稼いでいかなければならないので、収入が不安するまでが大変です。

一方で、上を目指せば上限なく稼ぐこともできます。

特に自営業・フリーランスは、みなさんが持つスキルに応じてあらゆる方法が考えられますので、後ほど詳しくご紹介していきます。

起業

「起業」は新しい事業を始めることで、ゼロから生み出すスキルが求められます。

「起業」と「経営」を混同する方が多いですが、起業したあと、収益が上がった時点から「経営」が始まります。

利益を増やす方法を考えたり、資金が底をつかないようにマネージメントしていくことが「経営」であり起業家には「経営力」も求められるでしょう。

起業家には、ある程度のリスクを覚悟で挑戦していく姿勢も求められます。

そして、ビジネスが軌道に乗ったとしても、その後の成功は「経営」にかかってきます。

まずは、必ずこれで成功させるという強い意志と綿密な起業前の計画が大切です。

自営業・フリーランスとして独立するパターンご紹介

自営業やフリーランスとして自分で稼いでいく選択肢としていくつかご紹介します。

ネットショップなどの小売業

実店舗を持つと初期投資や固定費で毎月詰むので、オンラインでネットショップを立ち上げるのがおすすめです。

実は私もアマゾンやヤフーションピングなどのECサイトで、商品の販売をやっています。

そして利益をあげるためには、いかに仕入原価を安く抑えることができるか?がポイントになります。

商品を作ったり、仕入れたりする場合、中国の工場と取引をすれば原価を安く抑えることができます。

中国の工場と言っても、自分が出向いたりする必要はなくアリババというサイトを経由すれば、中国の工場やサプライヤーと直接交渉ができます。

もちろん中国語か英語でのやりとりが必要になるため、不安がある場合は「中国輸入代行業者」を使えば日本語で簡単に取引ができます。

デザイナー、ITエンジニアなどで独立


デザインやプログラミングのスキルがある方は、フリーランスとして個人で活動していくことが考えられます。

特にIT系のエンジニアは独立すると平均月収50万以上と稼げる分野です。

仕事の探し方として簡単なのが、クラウドワークスやランサーズを利用する方法です。

これらは「仕事をお願いしたい個人や企業」と「仕事を探している個人」がマッチングできるサービスです。

少しレベルが高いやり方ですが、自ら企業に営業をかけて、特定の企業から定期的に仕事を受注できるようにするやり方もあります。

一件あたり10万円〜100万円と高額報酬を得やすく収入も安定してきます。

エンジニアとして独立する場合の詳細は以下の記事にまとめています。

アフィリエイト、YouTubeなどのメディア運営で独立

特定のスキルを持っていないという方でも取り組めるのが、YouTubeやブログ・アフィリエイトです。

初期費用がほとんどかからないので、リスクを最小限に抑えることができます。

しかし、稼げるようになるまで最低でも半年〜1年は粘り強く続けていく必要があります。

YouTubeに関しては、いわゆる「バズる」という現象が起きれば短期間で成果を出せる可能性もありますが、半分運任せな部分もあります。

そのため学生の間に着手して、時間をかけて取り組むのがベストだと言えます。

ある程度稼げるようになれば、就職する必要はなくなりますし、両親や周りの方を納得させることもできるでしょう。

ちなみに私はアフィリエイトでも収入を得ておりますが、不労所得的に収益を生み出す仕組みなので、とても魅力を感じている分野です。

アフィリエイトに関して詳しく知りたい方は以下の記事をどうぞ。

アフィリエイトとは?仕組みとメリットとデメリットを解説

就職しない場合のメリット

就職しないことで得られるメリットはたくさんあります。

就職しない場合のメリット
  1. 日本の厳しい社会で消耗せずに済む
  2. 人生の時間を自分でコントロールできる
  3. 仕事の種類や関わる人間を自分で決めれる
  4. 収入の上限がない

日本の厳しい社会で消耗せずに済む

会社員として働く場合、ビジネスマナーと称した日本社会のルールや秩序、先輩や上司に逆らえない縦社会、長時間労働などで消耗している人が多いです。

世界的にみても自殺者が多い日本ですが、その原因は日本社会の働き方やルールの厳しさにあると考えており、海外と比べても「かなり特殊」です。

就職しないという選択は、そんな厳しい社会でストレスにさらされたり、悩んだり、消耗せずに生きていけると思います。

人生の時間を自分でコントロールできる

会社員は会社に決められた時間に出社し決められらた就業時間に必ず働く必要があります。

休日も会社に決められており、仕事の時間は全て会社の指示に従うことになります。

一方で、自営業やフリーランスなど自分で仕事をやる人は、働く時間や休む時間など全ての時間を自分で決めることができます。

時間は24時間365日とみんな平等に与えられているものですが、会社員の場合、そのほどんどを会社のために費やすことになり時間的な自由がありません。

仕事の種類や関わる人間を自分で決めれる

会社員の場合、配属される部署や仕事の内容、それに関わるチームのメンバーを選ぶことができません。

故に、自分の嫌いな仕事や嫌いな人間と仕事をしなくてはならない状況が当たり前のように出てきます。

このような状況が長く続くと、ストレスや悩みの原因にもなっていき、上で述べた消耗するという状態に繋がる可能性もあります。

一方、自分で仕事をする場合、やりたく無いこと、関わりたく無い人間はある程度排除することができます。

収入の上限がない

会社員は、給料やボーナスが予め決められており、それ以上欲しいと思っても必ず上限があります。

一方、自分で商売や仕事をやる場合は、本人の志次第では上限なく上を目指すことができるのです。

就職しなかった場合のデメリット

では、就職しなかった場合のデメリットとして、どんなことが考えらるかみていきましょう。

就職しなかった場合のデメリット
  1. 毎月の収入が不安定
  2. 社会的信用が低くなる
  3. 日本社会でのビジネスマナーが学べない

毎月の収入が不安定

会社員なら固定給があるため、毎月の収入は安定します。

一方、自分で稼ぐ必要がある自営業やフリーランスは、毎月定額がもらえるわけではないため、軌道に乗るまでは収入が不安定になりがちです。

社会的信用が低くなる

自営業やフリーランスを始めたばかりで収入が低い時期は、社会的信用が低くなります。

これはローン組むときの審査に落ちたり、欲しいクレジットカードが作れないなどの影響が出る場合があります。

日本社会でのビジネスマナーが学べない

ここに関しては、個人的にはどうでもいいと思っていますが、一般論で言えばビジネスマナーを学ぶ機会が失われると考えらます。

会社に入ると新入社員に「ビジネスマナー研修」などを実施する企業も多く、私も初めて知ったビジネスマナーなどたくさんありました。

しかし、これらは会社員として働く際に必要なマナーがほとんどなので、自営業やフリーランスとして働く方は不要だと思います。

なぜなら、人として常識的な行動や礼儀がちゃんとできていれば、仕事をする上では全く問題ないと考えるからです。

就職せずに生きていくために今から収入を作り上げよう【両親も納得】

なんのプランもなく「就職しない」といえば、両親や周りの人から猛反対されるのは普通かもしれません。

しかし、あなたが学生のうちに月30万円稼げる何かを作り上げたとしたら、就職ぜずにそれを本業としてやっていきたいという考えも尊重されるはずです。

特に両親を納得させるためには安心させれる「結果」が不可欠だと思います。

学生の時は社会人よりも間違いなく、自由に使える時間が多いですので、その時間を有効に使って収入を作り上げる行動に費やすのです。

就職したくない大学生はブログ・アフィリエイトに挑戦してみよう

学生時代に取り組むこととしておすすめは「ブログ・アフィリエイト」です。

アフィリエイトってなに?という方は以下の記事で詳細を確認してみて下さい。

アフィリエイトとは?仕組みとメリットとデメリットを解説
ブログ・アフィリエイトがおすすめな理由
  1. 年間2万円程度の低資金で誰でも始められる
  2. 様々なスキルが身に付く
  3. 不労所得になる

年間2万円程度の低資金で誰でも始められる

パソコンさえあれば、お金がない学生さんでも取り組める点が魅力です。

かかるコストも年間2万円程度なのです。

WordPressブログでかかる費用はいくら?【年間費用総まとめ】

様々なスキルが身に付く

やるなら成果がでるように本気で取り組んで頂きたいですが、仮にうまくいかなかったとしてもブログ・アフィリエイト運営を通して様々なスキルが身につきます。

例えば以下のようなことです

  • 文章作成能力
  • Webマーケティング スキル
  • 世の中のニーズを読む力
  • セールスライティング
  • WordPressを使ったWebサイト作成スキル

このような能力があれば、将来就職する羽目になった場合でも、仕事で生かせる自分のスキルとして役立ちます。

不労所得になる

例えば、あなたがフリーランスITエンジニアとして独立した場合を考えると、収入を得るために毎月新しい仕事を獲得して、プログライミングの作業をやり続けなければ収入がもらえません。

一方で、アフィリエイトでつくった収入は不労所得に近い収入と言えます。

あなたが書いた記事がネット上で公開されている以上は、その記事たちが24時間365日売り上げを作るために機能してくれるからです。

つまり、あなたが寝ている時間も旅行で休んでいる時も、ブログの記事が売り上げを作り続けてくれるわけなのです。

もちろん、売り上げがあがるアフィリエイトサイトやブログを作るまでは時間がかかりますが、稼げるサイトを作り上げてしまえば、その後は継続的に安定した収入が入ってくることになります。

ちなみに以下の記事の通りにやれば、アフィリエイトブログを立ち上げることができます。

【10分】WordPressブログ・アフィリエイトの始め方【クイックスタート】

ブログを作ったら以下の記事を参考に、まずは月5万を目指して進めましょう。

アフィリエイトで月5万稼ぐ方法【手順まるわかり】

就職したくない大学生は今から勝負しよう!

社会人になってからやっぱり脱サラしたいと思い、副業や週末起業に取り組んでも、多忙な毎日で時間的な余裕がないです。

だからこそ、学生で時間がある今、遊びたい気持ちを抑えて、アフィエイトやYotube、起業などに着手して勝負をかけることが重要です。

これをやれる学生さんは将来的に同年代のみんなとは大きな差を作ることができますし、就職したくないという想いを実現できる可能性もあります。

そしてやるなら、お金をかけずにリスクの低いネットを使ったビジネスがおすすめです。

具体的には上でも紹介したネットショップ、ブログ・アフィリエイト、YouTubeなどです。

学生のうちにこれらのビジネスに挑戦し、結果を出してしまえば、就職せずに生きていくことが可能となります。

やらなければ何も始まらないので、ごちゃごちゃ考えずに行動を起こすことが大事です。

今すぐ、ブログを作ってみる、Yotubeチャネルを解説してみるなど第一歩となる行動を起こしてみてください。

【10分】WordPressブログ・アフィリエイトの始め方【クイックスタート】
アフィリエイトで月5万稼ぐ方法【手順まるわかり】

今回は以上です。

-就職・転職, 人生向上

© 2020 トニーブログ Powered by AFFINGER5