英語学習法

なぜ英語の勉強は続かないのか?継続できる方法【続ける秘策アリ】

2019年12月4日

  • 英語の勉強を始めても続かない
  • 英語の勉強を続けるためのコツは?
  • 英語の勉強はどうしたら続けられる?

こんな悩みを解決する記事です。

✅本記事を読むとわかること

✅勉強を続けるためのコツ
✅継続できない事例とその対策
✅確実に勉強を続けるための秘策

✅本記事の信頼性

筆者の英語学習実績
✅英語が苦手な理系男子
✅社会人1年目で初TOEIC受験し275点
✅英語の猛勉強を6ヶ月続けてTOEIC700点以上までUP
✅アメリカ赴任を経験しネイティブと英語で仕事
✅現在は海外で独立し日常的に英語を使う

英語の勉強をやろうと意気込んで勢いよく始めたが、結局は続かなくて挫折したという人は多いでしょう。

この記事を読めば、英語の勉強を続けるコツや秘策がわかり、これまで挫折をしてきた人でも勉強が続けれらるようになりますよ!

私自身も英語の勉強を続けてきた結果、英語力が劇的に向上し、それによって人生も大きく好転しました。

英語を続けるためのコツを私の実体験も交えながら解説していきます。

英語の勉強は続けることが命

英語の勉強は続けることが命

英語力をあげるために最も重要なことは、勉強法や学習カリキュラムではなく、もっと根本的な部分「勉強を続けられるか否です。

英語の勉強はよくスポーツにに例えられます。

それは上達するプロセスがスポーツと同じだからです。

スポーツは毎日繰り返し練習を重ねていくことで、少しずつ上達していきますが、英語も全く同じことが言えるます。

当たり前ではありますが、勉強を続けることができる人は遅かれ早かれ英語力が確実についていきます。

英語の勉強が続かない人が実践したい3つのコト

英語の勉強が続かない人が実践したい3つのコト

英語の勉強を始めようと意気込んでも、90%以上の人は続かずに挫折してしてしまいます。


✅続けるために実践したい3つのこと

1. 明確な目的を持つ
2. 勉強の原動力になる欲求をもつ
3.勉強しながら成長を喜ぶ

明確な目的を持つ

1つ目は、なぜ英語の勉強するのか目的を明確にするということです。

目的がはっきりしていないと、ほとんどの場合は勉強が続かずに挫折して終わります。

特にサラーリーマンの方は仕事が忙しい中、一人の息抜きできる自由時間を削ったり、あるいは睡眠時間を削ったりして時間をつくり、英語の勉強を続けていくわけですから、それ相応の明確な目的がなければ続きません。

✅目的は強い方が良い

・海外の大学に進学し、将来は世界的な企業で働きたい
・将来アメリカに住んでファッションの勉強をしたい
・英語ができるようになって海外プロジェクトチームに異動したい
・会社で出世するために英語が必要なので頑張りたい
・サラリーマンが嫌なので、英語を使った副業をして脱サラをしたい。

このように人生を左右するような強い目的あればモチベーションも保ちやすいです。

勉強の原動力になる欲求をもつ

あなたが心から思う強い欲求は勉強を進めるための原動力になります。

自己欲求を満たす心の底からワクワクする欲求があれば、勉強を続けることが楽しくなるほど強力なパワーになります。

原動力になる欲求とは、必ずしもポジティブなものである必要はありません。

✅ポジティブな欲求

・出世して社会的地位が欲しい
・仕事で英語を話して周りから称賛されたい
・お金儲けがしたい
・綺麗な白人の彼女が欲しい

✅ネガティブな欲求

・退屈な毎日から逃れたい
・社内の英語力試験で恥をかきたくない
・今の仕事が嫌いだから辞めたい
・日本の社会が窮屈すぎるから海外で生活したい

勉強しながら成長を喜ぶ

勉強しながら成長を喜ぶ

この図は英会話を上達させるためのプロセスを表したものです。

基本的に英会話はインプットとアウトプットのサイクルを繰り返すことで上達します。

新しい表現やフレーズを勉強して頭にインプットし、それを実際の会話で使って実践的にアウトプットをすることで、上達していきます。

アウトプットの場で

「この前勉強したフレーズを使ってみたらうまく通じた」

「相手が何を言っているのか聞き取れた」

など、自分の英語力の成長を感じられると

「次はこんなことを英語で言えるようになりたい」

「もっとスムーズに話せるようになりたい」

というように、向上心が刺激され、英語を学ぶのが楽しいと感じるようになる良いサイクルができます。

英語の勉強が続かないよくあるパターンと対策

英語の勉強が続かないよくあるパターンと対策

なぜ英語の勉強は続かないのか?

続かない人によくあるパータンとその対策をご紹介していきます。

✅勉強が続かないパータン3つ

1. やる気だけで勢い良くロケットスタートして三日坊主に終わる。

2. 急な残業や予定に邪魔される。

3. 勉強に変化がなくマンネリ化して飽きる。

ロケットスタートして三日坊主に終わる

勉強をはじめて、最初の1週間が最もやめたくなる時期です。

よく三日坊主といいますが、むしろ7日目までが最も続けるのが難しい時期です

人間は無意識に「変化」を嫌います。

普段と違うことをやり始めると、潜在意識が無意識に元の自分や習慣に戻ろうとします。

それが理由で1週間以内に「やっぱり、やーめた」となってしまう人が多いのです。

最初の1週間が一番辞めたくなる時期だと理解しておき、最初の1週間は「とにかく続ける」を実践してみてください。

最初の1週間を乗り切るための対策としては、「ロケットスタートで一気にやりすぎない」ということです。

少しずつ、小さく始めましょう。

✅対策案

勉強時間を短くする
最初は30分だけ勉強するなど短時間の勉強から始めましょう。

難しいことをしない
本を3ページだけ進める、単語を5個だけ覚える、など簡単なことから始めましょう。
いきなり難しいことをしないことです。

急な残業や予定に邪魔される。

最初の1週間を乗り切ったら、勉強を習慣化させていきたいところですが、サラリーマンなら残業や先輩から飲みのお誘いなど、急な予定に振り回されやすいです。

仕事後に勉強する予定だったのに急な予定によって、何もしない日が続いていく。

それにより「やっぱり続かないな」と自己嫌悪に陥ったり、やる気が削がれたりして挫折してしまうパターンです。

✅対策案

✅勉強習慣のパターンを作る
邪魔されない時間や場所、やり方などのパターンを決めてしまうことです。例えば、「スマホアプリを使って通勤電車の30分は必ず英単語を勉強する」というように。

✅特別ルールを設ける
急な予定により予定通りに勉強できない場合に有効なのが「特別ルールを設けること」です。残業や飲み会で帰宅が遅くなった時や、疲れてやる気がでない時などは、「せめて寝る前に英語の本を1ページだけ読む」と特別ルールを決めてそれをやればOKにしてあげる。「今日もクリアした!!」と達成感があり、自分を責めることはなくなります。自分が罪悪感を感じないようにしてあげる工夫が必要です。

大変な日は特別ルールで乗り切りましょう。

勉強に変化がなくマンネリ化して飽きる。

勉強を始めて一ヶ月、二ヶ月くらい経ってくると勉強の習慣は身についてきます。

一方で、毎日の勉強が単調になってきてしまいます。

特に英語を反復練習をしているときは、毎回同じテキストを使うわけですから、だんだん飽きてきたり、マンネリ化してしまいます。

✅対策案

✅カフェに行って勉強する

意外な対策案と思うかもしれません。

実は「静かなところ=集中力アップ」ではないのです。

人間は無音の空間では集中できないという研究結果もあるくらい、静かすぎると逆に落ち着かなくなってしまうのです。

集中力をアップさせるためには、ほどよく雑音のある場所がベスト。

ちょうど良い場所が「カフェ」なのです。

また、カフェのように人がいる場所で作業をすると、心のどこかで「誰かに見られている」という感覚になり、適度にストレスがかかるのです。

その軽いストレスがほどよい緊張感となってやる気・集中力アップにつながります。

ちなみに、「カフェ」だけではなく「フリースペース」や「コーワーキングスペース」なども同じように使えますね。

英語の勉強を続けるための秘策

英語の勉強を続けるための秘策

私が英語の勉強を始めたきっかけは仕事で英語が必要になったからです。

英語ができないと仕事にならないので危機感を感じやらざるを得ない状況にいたから独学でも英語の勉強を続けることができました。

もし追い込まれた状況にいなかったとしたら、英語の勉強を続けられたかどうか自信がないです。

みなさんは、睡眠時間友人と遊ぶ時間リラックスできる1人の時間家族と過ごす時間などを削りながら英語の勉強を続ける自信がありますか?

✅英語の勉強を続ける秘策

✅他人に管理してもらうこと


つまり、英語学習のプログラムやスクールを活用してプロにあなたの勉強を管理してもらうのです。

最高のモチベーション管理

モチベーションを維持して学習を続ける自信がないという方は

オンライン英語コーチ「スパルタバディ」がおすすめです。

プロの専属コーチがあなたの目標設定から効率のいい学習方法の提案モチベーションを保つためのサポート学習の進捗も管理してくれます。

しかもオンラインで完結するので、スクールに通うような時間の無駄を省けて、忙しいサラリーマンやモチベーション維持に自信がない方を強力にサポートしてくれます。

ぶっちゃけ、費用が13万ほどかかりますが、それで英語力が身につけば、出世できる、仕事の幅が広がる、世界観が広がるなど、13万では買えない価値を手に入れることができます。

本気で英語を学びたいけど、自分だけで続けられるか自信がないという方は利用するのもアリです。

まずは無料カウンセリングを受けてみて決めるのがおすすめです。

▶︎無料でカウンセリングを受けてみる

信頼度抜群のオンライン英会話プログラム

英会話の上達に特化して学習をしたい方おすすめなのが、
産経オンライン英会話の3ヶ月集中プログラム

みなさんもご存知のフジサンケイグループが運営するプログラムで信頼度は抜群です。

料金、システム、講師の人数、予約の取りやすさ、講師の質、教材の数など全てにおいて業界の標準以上というイメージで、期待を裏切られることがありませんでした。

Webで無料相談が受けれますので、まずは無料相談を受けてから判断してください。

▶︎Webで無料相談を受ける

外国人講師相手の本格的なオンライン英会話


私が4年間かけて独学で英語勉強し英会話をマスターした経験から言えるのは、英語のアウトプット無しにして英会話力は身につかないとうことです。

その英語のアウトプットに重点をおいた学習方法をとっているのが「ビズイングリッシュ

他のオンラインスクールとの大きな違いは、ビズイングリッシュの講師は全員外国人と言うこと。

これを聞くとレベルが高そうだと感じるかもしれませんが、メリットも多いのです

  1. 発音が完璧だから、リスニングの勉強にもなる。
  2. 豊富な語彙力、正確な文法で英語に関しては完璧である。
  3. レッスンそのものが外国人と話す機会になるので、臨場感があり、また外国人との会話に慣れることができる。
  4. 英語だけでなく、文化的な側面にも触れることができる。
  5. レッスン中に日本語を使わない(日本人講師だと甘えて日本語で会話してしまう)

▶︎無料カウンセリングを受ける

なぜ英語の勉強は続かないのか?継続できる方法まとめ

まとめ
なぜ英語の勉強は続かないのか?継続できる方法まとめ

続けるために実践したい3つのこと

【続けるために実践したい3つのこと】
1. 明確な目的を持つ
2. 勉強の原動力になる欲求をもつ
3.勉強しながら成長を喜ぶ

【英語の勉強が続かないパターン】
1. ロケットスタートして三日坊主に終わる。
対策:勉強時間を短くする、難しいことをしない

2. 急な残業や予定に邪魔される。
対策:特別ルールを作って許してあげる

3. 勉強に変化がなくマンネリ化して飽きる。
対策:カフェで勉強する

英語の勉強を続ける秘策
✅他人に管理してもらう
1.モチベーション維持のスパルタバデ
2.英会話を集中的に鍛えるなら産経オンライン英会話
3.アウトプット重視のビズイングリッシュ

英語の勉強は続けることが上達のカギです。

本記事がみなさんの英語学習の参考になれば幸いです。

-英語学習法

© 2020 トニーブログ Powered by AFFINGER5