英語学習法

忙しい大人が中学英語を復習する方法【サクッと短期間で】

2019年11月25日

読者
  • 中学英語を復習するおすすめの方法は?
  • 中学英語を短期間でサクッと復習したい
  • 中学英語をやり直したいけど仕事が忙しい

こんなお悩みを解決する記事です。

本記事を読むとわかること
  • 中学英語が重要なワケ
  • 中学英語を短期間で復習できる本
  • 本の概要と使い方
この記事の信頼性

筆者の実績

  • 社会人になって中学英語の復習を始め、英語で仕事ができるまで上達
  • 中学英語の復習から始めてTOEIC275点➡︎850点までアップ
  • アメリカに赴任しネイティブ顧客を相手に商談やプレゼン
  • 60冊以上の英語本の購入実績があり、良本を熟知

筆者も社会人になってから中学英語の復習を始めました。

私も実際に使用したおすすめの本と具体的な勉強法をご紹介します!

中学英語の復習が重要であるワケ

中学英語は完璧に理解できている!という方は問題ないですが、

これから英語を勉強するにあたって、まずは中学英語の復習から始めるべきです。

なぜなら、英語の基礎が分かっていなければその先英語力を伸ばしていくことが困難になるからです。

スポーツでも基礎が大事と言われるように英語の学習も基礎なしには上達することはできないのです。

忙しい大人が中学英語を復習するのにおすすめの本

読みやすさ    :★★★★☆

手軽さ      :★★★★★

おすすめ度     :★★★★☆

サクッと短期間で中学英語を復習したいなら「中学3年間の英語を10時間で復習する本」がおすすめです。

英語学習を復習をする本の概要

10時間で中学英語を復習できるというコンセプトで作られています。

  • 1時間目 動詞
  • 2時間目 時制
  • 3時間目 助動詞&命令文
  • 4時間目 名詞&代名詞
  • 5時間目 形容詞&副詞
  • 6時間目 比較&感嘆文
  • 7時間目 受動態&疑問詞
  • 8時間目 不定詞&動名詞
  • 9時間目 現在完了&付加疑問文&間接疑問文
  • 10時間目 関係代名詞&分詞

内容は講義形式で構成されていて一般的な文法本より読みやすいです。

中学3年間の英語がぎゅっと凝縮されているので、正直これ1冊やれば中学英語の復習ができます。

おすすめする3つの理由

おすすめする3つの理由
  • 短期間でサクッと復習ができる
  • 読みやすい
  • 程よく充実したコンテンツ

1. 短期間でサクッと中学英語の復習ができる

10時間で中学英語を復習できるというコンセプトで作られているので、短期間で中学英語の復習ができます。

慌ただしい毎日を送っている大人のみなさんやあまり時間が取れない方には特におすすめです。

2. 読みやすい

特に英語初心者は分厚くて難しいことが書いてある文法書などを見るとやる気が削がれてしまうこともあるかもしれません。

そのため読みやすい本を選ぶのが鉄則です。

中学3年間の英語を10時間で復習する本」は全体を通じて、「先生」と「生徒」の会話調で進むライブ講義形式になっているため、まるで中学校の教室に戻って、もう一度マンツーマンのレッスンを受けているような感覚でサクッと英語の勉強ができます。

3.程よく充実したコンテンツ

中学英語の復習をより深く、細かく学びたければもっと詳細に書かれた参考書は山ほどあります。

中学3年間の英語を10時間で復習する本」は深すぎず、浅すぎず、程よいレベルで最低限抑えておきたい中学英語がマスターできます。

大人が中学英語を復習する:本の使い方

自分が学びたいスピードでテキストの前から順番に進めていけば良い。

私の場合は書いて覚えるのが覚えやすいので、本の内容をノートに書きながら覚えていった。
内容をしっかり理解して覚えることが目的なので、皆さんが覚えやすい方法があるならどんなやり方でもいい。

本の使い方
  1. 一冊やり切るための全体スケジュールを考える
  2. 1日のページ数を決める
  3. 前日やったページを復習してから次のページに進む
  4. 付属のCDは不要

[box class="glay_box" type="simple"]

一冊やり切るための全体スケジュールを考える

まずはあなたがどれ位の期間をかけて中学英語を復習したいか、その全体スケジュールを決める。
私は1週間で一冊をやり切るペースで進めることにした。

1日のページ数を決める

やり方

仮に1週間で一冊をやり切ると決めたとしたら、次は1日に何ページずつ進めるのかデイリースケジュールを決める。もちろん平日が忙しい人なら平日と週末で進めるページ数を変えても良い。
自分のスタイルに合わせて決めましょう。

前日やったページを復習してから次のページに進む

一度勉強しただけではすぐに忘れてしまうものです。

前日勉強したページを復習して、しっかり理解して覚えているかどうかを再度確認しましょう。

忘れてしまっていると思うなら、もう一度そのページをやり直すようにします。

前日のページを復習して、しっかり覚えていることを確認してから次のページに進むようにしましょう。

付属のCDは不要

CDが付属されていますが、使わなくても大丈夫です。

リスニングを学ぶなら別ですが、本書で学ぶのは中学英語の文法や文章構成です。

大人が中学英語を復習する方法まとめ

まとめ
記事のまとめ

【本の使い方】

  • 一冊やり切るための全体スケジュールを考える
  • 1日のページ数を決める
  • 前日やったページを復習してから次のページに進む
  • 付属のCDは不要

あとは本書をゲットして、勉強を始めるだけです。

-英語学習法

© 2020 トニーブログ Powered by AFFINGER5